先週末ポストに1通の喪中はがきが届きました。

私が以前40年来の友達と連絡が取れないという記事
を書いた時の友達からでした。ここ3年ほど年賀状を
出しても返ってこなかったので友達に何かあったの
かなとかなり心配していました。

近々ハガキを書こうかなと思っていた矢先に届いた
喪中はがき・・・今年1月にご主人が亡くなったと
の事。電話番号がわからないので郵便局で「お線香
たより」というものを買ってきました。
image0
このまま包装紙をはがして切手を貼って郵便として
出せるのですが電話番号を教えてもらいたいのと
お悔みカードは入ってますが自分の言葉でも手紙を
書きたかったのでそのまま出さずに一旦持ち帰り
ました。

切手を貼って私の住所を書いた封筒も同封する
つもりで電話番号とメールアドレス教えてもらえる
といいなと思っています。

私の親の世代はほとんど亡くなっていってるので
今度は自分たちの世代の番がそろそろ来たなと
思いました。

かろうじてまだ私の母は生きていますが3年間も
病院に入院したままコロナが流行し面会も出来ず。

父は25年前に64歳で亡くなったので私も父の亡く
なった年齢に近づいてきて終活というものをさらに
身近に感じてしまいます。



にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ