先日ネット記事を読んでテレフォン
カードの事が書いてあり懐かしく
そしてうちにもあるんじゃないかと思っ
て探していました。



昭和80年代は10代後半~20代後半の時期
で20代前半にOLだった私は家の固定電話
しかなくて会社の営業の人がかろうじて
ポケベルを持っている時代でした。

テレフォンカードがなぜ懐かしいのか
というと結婚する前は主人は九州で
私は大阪と遠距離で主人はテレフォン
カードでずっと私に電話してきていて
結婚した時に山のような数のテレフォン
カードがあったのを見たからです。

5回ほど引越しをしているので探した
のですがどこかのタイミングで処分した
みたいで出てきませんでした。

そのかわりに見つかったのはOLだった
ころに(38年ほど前)誕生日記念で会社
から貰った生まれた日の新聞の一面記事
でした。
image0

image1
新聞をコピーしてラミネートしてくれて
いるのですが字がかすれていて1面記事
は政治の話だから余計に内容が私には
わかりません。

でも生まれた曜日がわかり60年前に
産んでくれた母の事を思い出し感謝で
ありがたい気持ちになりました。

私が生まれていなかったら友達のような
娘や愛おしい孫娘と会うこともなかった
わけですから。

まだ大阪の病院に入院している母に会える
のはいつになるのかな・・・。80代後半に
なるので早く一目でも会いたいです。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ