①の続きです

20年間転勤生活をしていましたがその間に3回
引っ越しました。

まず1回目に引っ越したのは広島です。この家は
賃貸の新築戸建てだったのですが1階のリビングに
いると時々2階からドアがバン!!と閉まる音が
聞こえていました。

風で閉まったのかな?!って2階に見に行っても
どのドアの扉も開いたまま・・・そして窓から
風も入ってなくて無風状態です。謎…

2階に3つ部屋があり普段は和室に寝ていた
のですが主人のイビキが気になり横の洋間に
寝ていた時期があり寝てしばらくしてウトウト
しかけた時に布団の上をパタパタ歩く気配を何度か
経験して気味が悪くて枕を持って和室に戻ると
その時に和室の空気と洋間の空気が明らかに違う
のを感じました。

そして階段が何となく嫌だなと感じていたところ
当時テレビに出ていた霊能者の宜保愛子さんが
階段のお清めにビニール袋に塩とあずきを入れた
ものを貼っておくといいと言っていたので引っ越す
までずっと貼ってました。

娘に言うと怖がるので広島にいる頃はずっと
黙っていたのですが引っ越してから話すと
娘も階段がすごく嫌で気になっていたと言われ
受験勉強している時に自分の部屋の隣の部屋に
置いてあるバランスボールが跳ねてる音がして
いたと言われました

バランスボールが置いてあった部屋は私が一時
寝ていた部屋です。何かいたのかな?

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚☆

次は3度目の引っ越し先の千葉です。
分譲マンションを賃貸で借りたのですがマンション
の構造上我が家の住んでいた部屋の玄関横の洋室が
昼間でも真っ暗でここは娘の部屋にしていました。

ある日主人が出張した夜中に目が覚めると確かに
消したはずの寝室と隣続きのリビングの電灯が
ついていて「あれ?」と思って起きて行くともう
5年以上使用していない放置状態のミニコンポの
電源が付いていてかなり驚き慌てて消しました

「ありえへん!」と頭の中で嫌な気持ちが駆け巡り
ながら何だか変だな・・・と思い布団に再び入って
いると娘が突然自分の部屋からやって来て「今日
ここに寝ていい?」と言うので「いいよ。」と
だけ言いましたがもうその先「何で?」という
のが怖くてマンションの部屋では言えずあとで
カフェで理由を聞くと「ちょっと嫌な気がして」
やっぱりなって思いました

その後も娘の部屋は電気のリモコンが勝手に
ピピっと鳴ると時々言ってました。私は寝ていた
和室の天井がよくラップ音でパチパチと鳴って
気持ち悪かったです。あのマンションも何か
あったんだろうなぁ~たぶん。

会社契約の賃貸だったので引っ越すことなく結局
9年も住んでましたが(一度引っ越したいと
主人に言いましたが却下)

そして


私が今一番怖いのは年々老いて衰えていく自分の
体力と容姿です
22663406






にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ