先月2年ぶりに娘が帰省して突然騒がしい
孫娘に警戒をして1週間ほどはコタツの中
で自分の存在を消したようになるべく
目立たないようにしていた愛犬。

そんな愛犬も1週間過ぎたころから慣れた
のか諦めたのか分かりませんが朝から堂々
と自分のベットに居る時間が長くなって
いよいよ大好きだった娘の膝の上に乗る
ようになりました。
image0
娘が結婚する前からずっとこうやって
娘の膝の上に座ったり寝そべったりして
いました。

一番娘の事が好きだったですからね

前回来た時は私が命の危機に瀕している時
だったのと孫娘がまだ乳児だったので娘も
余裕がなくてこの様な時間は取れなかった
そうです。

やっぱり時間が経っていても娘の膝の上
の感覚は覚えているんですね。毎日一緒
に暮らしている主人と私の膝には絶対に
乗ることはありませんから。

一度娘の膝の上に座り出したら次の日から
は娘が座っていると両足で肩にすがり合図
して「座っていいよ」と言われると喜んで
座ってました。

しかしそこに強敵ママ大好き孫娘が割り
込んで来ました。
image1
孫娘は娘の後追いが凄くてちょっと姿が
見えなくなると「ママは?」と言い探し
回りトイレまでついていく始末……。

孫娘が来ても移動しようとしない愛犬、
私のママよ!と言わんばかりの孫娘。

愛犬が私の傍に来て顔を見る時はご飯と
デンタルスティックを与える時やパンや
甘栗を食べてる時だけ。トントンと足を
叩かれる時はコタツに入れて欲しい合図。

私のことはいったい何だと思ってるいる
のでしょうね?(使用人かしら)

愛犬も今年の9月で13才なので来年も娘に
甘えれるといいのになって思いました。




にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ