悲喜こもごも

★アラカン主婦です。日々感じた事や気になった物をマイペースで綴るMy diary★

★2021年元旦からライブドアで
ブログを始めてみました★
☆拙いですがよろしくお願いします☆

タグ:S状結腸がん

うちの主人は抗がん剤治療は1回目は5日
ほど入院して点滴をして1日目の夜から
ゼローダ(カペシタビン)という抗がん剤
の錠剤を5錠ずつ朝・夕と2週間飲み続け
1週間休薬してまた同じ点滴+ゼローダの
繰り返しを4回しました。(2回目からは通院)

点滴をする前に大きな吐き気止めの錠剤
(アプレピタントカプセル)を飲みその後
2日間は朝だけ同じ吐き気止めを飲んで
ました。みんなこれは飲むようです。(
1回目は吐き気止め点滴)

主人の場合は点滴した日は何ともないの
ですが翌日から2日間ほどしゃっくりが
必ず出るので2回目まではメトクロプラミド
という錠剤をしゃっくり&吐き気止めを
兼ねて処方されてたようですがしゃっくり
にあまり効いてないような気がしたので
3クール目からはコントミン糖衣錠に
変えてもらいました。

しゃっくりはコントミン糖衣錠はとても
効果がありました。2クール目は特に
吐き気がひどかったそうでそして3日ほど
歩くのも辛いくらいのふくらはぎの痛みが
あったそうです。

ニオイにも敏感になり自分の加齢臭が臭い
と言い部屋に芳香スプレーをふっていま
した。まるでつわりのようだなと
思いました。


3クール目の診察時に主治医に言うとオラン
ザピン錠(抗がん剤に伴う吐き気止め)に
変更してもらいました。

3クール目は立ちくらみがひどく10日ほど
続き元旦の日には脱衣所でふらつき倒れ
かけました。

タンスがなかったら倒れていたと思います。

4クール目は立ちくらみの事を言うと
それを治す薬はないと言われゼローダが
朝・夕5錠から4錠に減りました。でも時々
立ちくらみはしたようです。

そして倦怠感が4クール目はひどかった
そうです。

抗がん剤治療をしながら仕事をするのは
本人はとても辛かったと思います。土日は
食事以外はずっと寝てましたから・・・。

一昔前からしたら抗がん剤も改良されて
いるとは言われてますがやっぱり身体に
とても負担のかかる治療です。そして
家族側も不安な気持ちになります。

昨日も書いたように手放しで喜べない
のですが今夜は4ヶ月ぶりに主人は少し
だけ晩酌します。

1~4クール目共通の症状は点滴して
抗がん剤を飲み始めて4~5日目が一番
副作用の症状が強く出ます、食欲不振です。
1週間が一番きついと言ってました。

3クール目くらいから手や足の裏が汚れた
ように黄色く黒ずんでシミも出来ました。

そして冷たいものを触ると痺れるので水も
常温で飲んで運転する時も今は冬でハン
ドルが冷たいので滑り止めのついた手袋を
してました。

抗がん剤の副作用は個人差がかなりある
ようなので私も最初は色々な大腸がんの
人のブログを読んだりしてましたが2クール
目以降から読むのが怖くなってやめました。

こんな症状がひどくなったらどうしようと
いう不安が私は出るので一時は心配し過ぎて
食事が喉を通らず私も3キロほど痩せました
が今は元通りか増えてるかも

8クールする方もいるようですが私は家族と
してはとてもこんな状態になる治療を半年も
家族として
支え耐える自信がありません。

再発しない事を願ってますがまたって事に
なっても初期で発見出来るように毎日祈り
たいです




にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ  

昨日は9時から手術だったので朝5時に
起きて7時前のバスに乗り電車さらに
バスに乗り換えて病院に行きました。

バスが渋滞していなかったので1時間早く
病院に着きました。病棟に上がるまで
1時間20分1階で待ちました。
8時50分3階に上がり手術室に向かう
主人を見送り。

5時間ほど待たないといけないのでiPadを
持って行ったのですがインターネットに
接続出来ませんとエラーが出て結局役に
たちませんでした。ただ重たいだけでした。

途中で携帯までフリーズしてネットに
繋がらない状態になり本を買おうかなと
思っていたら暫くして復活しました。

12時半過ぎにカフェでパンを食べていたら
丁度13時に病院から携帯に電話が鳴った
ので慌てて3階に上がり執刀医から手術の
説明と切除した腸とがん細胞を見ました。

腸は切開かれており20㎝くらいの赤身
ベーコンに3㎝のいびつなこぶの様な
出来物がへばりついてたイメージでした。

そして2時頃麻酔から覚めた主人と対面
しました。術後すぐなので声もかすれて
弱々しかったです。なのにどんながん
だったか、義兄・義姉さんに連絡して
おくように、戸締りはちゃんとするよう
になど心配していました。

私はただただ手を握ってよく頑張ったね
としか言えませんでした。今日からは
もう立って歩くリハビリするそうです。

人間って寝てる時間が長いと歩けなく
なりますからね。

まだまだ心配事はつきませんがひとまず
手術が無事終わったことに感謝です


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ




昨日朝9時前に家を出て終わって帰宅した
のが午後4時。歯科検査や残ってる検査後
に最終診断が出ました。
image0
肺や肝臓に大腸がんは転移しやすいそう
ですがPET-CTの検査結果で転移は
ありませんでした。ただリンパ節に転移
しているかもということでステージは
S状結腸がんステージ3でした。

画像の赤い部分に腫瘍が出来ているので
15~20㎝大腸を切除するそうです。最初は
開腹手術って聞いた気がしたのですが
腹腔鏡補助下になるみたいです。

11日に入院して13日に手術。麻酔の
前後を合わせると5時間。そこから
執刀医の説明があると思います。

手術で切ったがん細胞をまた病理検査に
出すそうです。順調にいけば入院期間は
2週間だそうです。そして11月から
抗がん剤治療開始。

13日はバスと電車なので1日がかりになる
のでしょうね。現在はコロナなので
入院中は面会は出来ません。着替えだけ
1週間に1回持って行くことしか私には
出来ないです。

あとは無事に手術・治療がスムーズに
いくことを祈るばかりです



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



↑このページのトップヘ